中国大連にて情報系技術の現地指導(オフショア開発)を行っている「ぎゃわ」の雑記帳。日本語で話しかけてくる現地技術者達に負けずに、中国語で会話するのが当面の目標。※10月から新たなスタートを切りました!
by gyawa
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
「封頂」時の花火
会社の隣の建物が「封頂」された(※封頂とはそのままの意味で頂上を封じる=屋根をつけること)。中国では封頂時にたくさんの爆竹や打ち上げ花火を行う。そしてこの音がまたものすごい。隣の建物だったこともあり、仕事の打ち合わせする声さえ聞こえなくなった。

それでもこんな間近で見たのは初めてだったので、しばしみんなで眺めていた。
そのうちのいくつかを紹介したい。
・建設途中の窓のいたるところから噴出す火花(火事にならないのか?)
・建物の周りから容赦なく発射される打ち上げ花火(近くの家に火の粉が…)
・ワイヤーで吊るされた巨大線香花火(でかすぎ!4~5mぐらいあるかも)
・火花を撒き散らしながらクルクル周るクレーン(屋上なのに危ない;)

いずれも激しい音がするのだが、どうやらこの音には「魔を払う」という意味があるようだ(春節に爆竹をならすのと同じ)。社員の一人に聞いたところ、「迷信といえばそれまでですが、やらないよりはやった方が良いと考える人がほとんど」だとか。
ちなみにこの花火のお金は全て建設会社持ち。ということはあらかじめ見積もりに花火代が含まれているのだろうか?

今日の学習:なし
今日の運動:なし
[PR]
by gyawa | 2005-09-29 23:59 | 暮らす
<< 懇親会 交通事故 >>