中国大連にて情報系技術の現地指導(オフショア開発)を行っている「ぎゃわ」の雑記帳。日本語で話しかけてくる現地技術者達に負けずに、中国語で会話するのが当面の目標。※10月から新たなスタートを切りました!
by gyawa
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
現場は常に保存される2
事故における被害者の扱いについて、大連の日本商工会から公安当局への抗議があったそうである。前回も書いたのだが、中国には事故が起こった場合に必ず現場保存が行われる。普通、この対象となるのは車輌だけのはずなのだが、まれに人間まで現場保存(いわゆる放置)される場合があるらしく、それが今回の抗議に繋がったようだ。ようは怪我して死にそうな人間を、なぜすぐに病院に運ばないのか?かわいそうじゃないか!ということらしい。

さすがに中国であっても被害者はすぐに病院へ運ばれる。しかし、一見して元気そうな人や助かる見込みがなさそうな人の場合、必ず病院に運ばれるとは限らないとか。それは周りに集まってきた人達が勝手に判断するためであり、日本のように事故=必ず病院という考えが無いからだそうである。

個人的な憶測なのだが、必ず病院に搬送しないのには高い医療費が関係しているのではないかと思う。本当に元気な人が治療を受けても無駄なお金になってしまうし、絶対助からない人を入院させても(ある意味)家族にとって余計な負担になりかねない。そうせざるを得ないほど、中国の医療費というのは高額なのだ。まったく、有人宇宙飛行とかの前に、やることたくさんあるんじゃないの?と憤ってしまう。

#なんだか最近事故ネタばかり。(My交通安全週間ということでご勘弁を…)
[PR]
by gyawa | 2005-12-02 18:40 | 暮らす
<< 大連の初雪 寄付金集め(その後) >>