中国大連にて情報系技術の現地指導(オフショア開発)を行っている「ぎゃわ」の雑記帳。日本語で話しかけてくる現地技術者達に負けずに、中国語で会話するのが当面の目標。※10月から新たなスタートを切りました!
by gyawa
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
HSKを受験
受験に必要なものを昨日のうちに準備しておいたはずなのに、いきなり出だしからパスポートを忘れてしまった。運良く先日居留証を更新したばかりだったので、かばんの中にコピーが入っていて助かったものの、仕事があるのに月曜にまたパスポートを持って来いと言われてしまった。(忙しいからそれだけのために1時間もかけたくないんだけど、持っていかなかったら無効になるんだろうな;

試験会場について思ったのは韓国人の学生多すぎ!聞こえてくるのはハングルばかりで、しかも小学生ぐらいの兄弟の受験者がいたり、かなりの年と思われるおじいさんなんかも居る。もちろん彼らも韓国人。大連に住んでいる外国人のうち、日本人はかなりの割合を占めていると思ってたのだけど、仕事関連でなく学生限定だったらきっと韓国人の方が多いに違いない。やっぱり大陸続きだから、中国語を勉強しておくと何かと便利なのだろうか?

肝心の試験内容はというと、逃げ帰りたい気持ちに何度もかられたぐらい難しかった。北京と違って大連では基礎試験を受験できない。そのため級無し~8級(初・中等の最高級)までが一緒に受験することになるので、簡単に解けてしまったら全員8級になってしまう…という理屈は分かってるんだけど、やっぱり基礎でないとgyawaには敷居が高すぎる。

受験後、何気に試験要項を見直してみたら、3級の欄に”学習時間800時間を想定”なんて書いてある。これどう考えても自分の総学習時間は200時間未満。仕事の合間をぬって1日1時間勉強したとしても、あと600日も…。毎日定時の管理業務ならいざしらず、さすがにこれ以上の時間を取るのはちょっと難しいし、仕事が深夜におよんだ時なんてとても勉強どころではない。語学勉強は学生時代にやっておくべきだったと今更ながらに激しく後悔中。

#今、学生の方は社会に出て後悔しないよう(まとまった時間の取れる学生時代に)語学勉強をしておくことを進めます。技術の勉強なんて社会に出てからやっても十分間に合いますから。
[PR]
by gyawa | 2006-04-23 23:59 | 働く
<< 中国の健康診断 シャングリラホテルのビュッフェ >>