中国大連にて情報系技術の現地指導(オフショア開発)を行っている「ぎゃわ」の雑記帳。日本語で話しかけてくる現地技術者達に負けずに、中国語で会話するのが当面の目標。※10月から新たなスタートを切りました!
by gyawa
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
万里のファイアーウォール
昨晩、急に自分のブログにアクセスができなくなった。深夜だったこともあり、メンテナンス中かと思いながらも別ブログへアクセスしてみる。
…繋がる。
嫌な予感がしたので念のため他人のブログもチェックする。
…やっぱり繋がる。
gyawaのブログのみが繋がらなくなっており「サーバが見つかりません」と表示されるのである。まずい…心当たりがあった。

中国には俗に「万里のファイアーウォール(Great Firewall of China)」と呼ばれる、人海戦術を駆使した検閲システムが存在する。この検閲システムには中国政府に影響のあるサイトをことごとく規制する能力が備わっている。人為的、機械的にありとあらゆる手段を駆使して規制されると考えられており、その精度はフィルタリングソフトの比ではない。googleのキャッシュ機能は検索したキーワードをハイライトしてくれるので調べ物に便利なのだが、中国ではgoogleのキャッシュすらすべて削除されるため使いづらくてしょうがない。

実は先日、反日デモの記事を書いた後に少し危ないように思って気になっていた。会社で北京の風景をWebカメラでライブ中継していた際、いきなり配信サイトが切断されたと聞いたことがあったからだ。それで繋がらなくなった時点でまずい!と思った訳だ。幸いにも一日経った今は表示できるようになっている。どうやら永久規制対象(gyawaが勝手に呼んでいるだけ)にはなっていないようだ。ただ、今後どうなるかは不明である。

もしこの話が信じられなければ中国に行った際に確認してほしい。靖■神社(NGワードの可能性高いので伏字で…)のページを表示してみよう。もれなく「サーバが見つかりません」になるので・・・当たり前であるがその神社のページは永久規制対象である。

「他国のネット検閲に対抗する」法案、米国議会に提出
キーワードによって検閲されている中国のブログ事情
巧妙な中国政府のネット検閲、米の調査で明らかに
「MSのブログ検閲は中国政府より過激」著名ブロガーが批判
[PR]
by gyawa | 2005-08-22 23:30 | 働く
<< 辣油と雲呑 ヤミ換金 >>