中国大連にて情報系技術の現地指導(オフショア開発)を行っている「ぎゃわ」の雑記帳。日本語で話しかけてくる現地技術者達に負けずに、中国語で会話するのが当面の目標。※10月から新たなスタートを切りました!
by gyawa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
大連でvodafone携帯を使うコツ
中国での携帯電話に加え、実は日本からvodafoneの携帯を持参している。もちろん常時使うわけでなくメールと緊急の通話専用だ。番号そのままで日本から通じることと、メールが普通にやり取りできるのはありがたい。これで携帯の品質が良くなればいいのだが、正直vodafoneの携帯は壊れすぎである。日本に住んでいればまず使うことはないだろうが…そんな折に1通のメールが入った。内容は以下の通り。

<ボーダフォンからのお知らせ>
海外で携帯電話がうまく動作しない場合は、ネットワークを手動で選択することをお試しください。

…おいおい、そういう大事なことは早く言え!それにその内容じゃ情報足りないでしょ!!

というわけで情報を開示しない(知らない?)vodafoneの代わりにgyawaが補足しておこう。中国においてvodafoneのローミングサービスを利用するには「CHINA MOBILE」と「CHINA UNICOM」のどちらかのネットワークを選択する必要がある。出荷時の状態でこのネットワーク選択は「自動」に設定されており、ここ大連ではほとんどの場合「CHINA UNICOM」が選択される。(UNICOMの方がサービス範囲が広いのかもしれない)

しかし「UNICOM」でなく「MOBILE」のネットワークを使わないと実際にはメールを利用することができない。今までは知識がなかったため、メールが送れたり送れなかったりするのは電波のせいだと思っていた。だが、ある時にメールが送れるのは「MOBILE」に繋がっている場合だけだと気付き、ネットワーク固定にしてみたら…なんと快適にメールが送れるではないか!しかも後から料金を確認してみると「MOBILE」の方が断然安い!

海外携帯を販売しているのであれば、もう少しこのような情報をユーザに公開するべきではないのか?vodafoneよ。
[PR]
by gyawa | 2005-08-24 23:57 | 暮らす
<< 理解されないウイルス対策 辣油と雲呑 >>