中国大連にて情報系技術の現地指導(オフショア開発)を行っている「ぎゃわ」の雑記帳。日本語で話しかけてくる現地技術者達に負けずに、中国語で会話するのが当面の目標。※10月から新たなスタートを切りました!
by gyawa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:働く( 63 )
一時帰国します
明日から5月中旬まで福岡に一時帰国します。GWでお休みだー!…と言いたいところですが、残念ながら仕事です。

中国では5/1~労働節休みに入るので、今日は振替出勤日でした。でも5/1は日本で出勤です…。中国の出勤日は出勤、日本の出勤日も出勤。おかげで休みが激減してます。。
[PR]
by gyawa | 2006-04-29 23:59 | 働く
HSKを受験
受験に必要なものを昨日のうちに準備しておいたはずなのに、いきなり出だしからパスポートを忘れてしまった。運良く先日居留証を更新したばかりだったので、かばんの中にコピーが入っていて助かったものの、仕事があるのに月曜にまたパスポートを持って来いと言われてしまった。(忙しいからそれだけのために1時間もかけたくないんだけど、持っていかなかったら無効になるんだろうな;

試験会場について思ったのは韓国人の学生多すぎ!聞こえてくるのはハングルばかりで、しかも小学生ぐらいの兄弟の受験者がいたり、かなりの年と思われるおじいさんなんかも居る。もちろん彼らも韓国人。大連に住んでいる外国人のうち、日本人はかなりの割合を占めていると思ってたのだけど、仕事関連でなく学生限定だったらきっと韓国人の方が多いに違いない。やっぱり大陸続きだから、中国語を勉強しておくと何かと便利なのだろうか?

肝心の試験内容はというと、逃げ帰りたい気持ちに何度もかられたぐらい難しかった。北京と違って大連では基礎試験を受験できない。そのため級無し~8級(初・中等の最高級)までが一緒に受験することになるので、簡単に解けてしまったら全員8級になってしまう…という理屈は分かってるんだけど、やっぱり基礎でないとgyawaには敷居が高すぎる。

受験後、何気に試験要項を見直してみたら、3級の欄に”学習時間800時間を想定”なんて書いてある。これどう考えても自分の総学習時間は200時間未満。仕事の合間をぬって1日1時間勉強したとしても、あと600日も…。毎日定時の管理業務ならいざしらず、さすがにこれ以上の時間を取るのはちょっと難しいし、仕事が深夜におよんだ時なんてとても勉強どころではない。語学勉強は学生時代にやっておくべきだったと今更ながらに激しく後悔中。

#今、学生の方は社会に出て後悔しないよう(まとまった時間の取れる学生時代に)語学勉強をしておくことを進めます。技術の勉強なんて社会に出てからやっても十分間に合いますから。
[PR]
by gyawa | 2006-04-23 23:59 | 働く
中国クオリティ VS 日本クオリティ
最近、会社で使用している機材が壊れることがとても多い。おかげで連日どこかでトラブルが発生して業務に支障をきたすこともしばしば。理由が老朽化とかならわかるのだけど、どう考えても1ヶ月とかで壊れる率が高いように思う。これが中国クオリティか。

そういえば以前、とある機材導入時にこんな話をした。
某中国人リーダ「(手に持った品を見て)gyawaさんそれって日本製ですか?」
gyawa「ん?これは中国製だけど、なんで?」
リーダ「それではダメですね。」
gyawa「えっ?」
リーダ「中国製はダメです。」
gyawa「どうして?中国製じゃダメなの?」
リーダ「中国製はすぐに壊れるから仕事で使用してはダメです。」

中国人の誇りを傷つけないように「中国製ではダメなのか?」と気を使って聞いてみたのに、どうもそんな誇りは(製品の品質に関しては)無いらしい。こんなに壊れ過ぎてメーカには苦情が殺到しないのかどうかも聞いてみたのだけど、答えは「壊れれば交換する。それだけです。」とのこと。そりゃ、壊れれば交換してもらえれば良いのだけど、こんな頻繁に交換するんじゃ面倒で仕方がないよ。

「やっぱ日本製がいいなぁ…」と思わずぼやいてしまったら、すかさず周りから「今度日本に戻った時に日本製を買ってきてくださいよ。」という意見が飛んできた。…やっぱり日本クオリティってすごいんだな。

#そんなこんなでHSKの勉強まったく出来てないです。仕事と勉強を両立できる人ってほんと尊敬します。
[PR]
by gyawa | 2006-04-19 23:52 | 働く
HSKの申し込み(その2)
HSKの受験票(准考证zhun3kao3zheng4)の受け取りに行っていないことを思い出し、急遽会社を休んで受け取りに行くことに(別に休みにしなくても良かったのだけど、こちらに来てからまともに休んでないし、いい加減有給も消化しないといけなかったので)

午前中はゆっくりして、午後、前回と同じく大連外国語学院の漢学院に向かった。受付で場所を聞き、「その通路をまっすぐ」と指示されたとおりに(前回申し込みを行った)教材室に向かう。入り口にはHSKの受験票受け取り時間が張り出されており、それによると水曜日は午後からのみ受け取り可能という旨が書いてあった。何も知らずに行ったのだけど、なかなかタイミングいいなと思いながら、中に入ろうとドアに手をかける。

…あれ?ドアが開かない??

何度やっても開かないし、何度読み直しても場所はここだと書いてある。仕方なくまた受付で「入り口閉まってるんだけど」と伝えると「えっ事務室が閉まってましたか?」という返事。え~、だって事務室なんて一言も聞いてないし、第一あの掲示物の記載は…;

結局、事務室で申し込み時の”領収書”を渡して受験票をもらって一件落着。受付の人の対応はともかく、間違った掲示をそのままにしておくってのは、どうかと思うんだけど中国らしいといえば中国らしい。でもたったこれだけのことが、中国語入門者には結構キツイ洗礼となっていることも彼らに理解して欲しいと思った。(じゃあもっと勉強頑張れよ…といわれればそれまでなんだけど)
[PR]
by gyawa | 2006-04-12 23:05 | 働く
HSKの申し込み
外国人で中国語を学ぶ人のための試験、それがHSK(汉语水平考试それぞれの頭文字を取った言葉)である。基礎から初・中等、そして上級までに1~11までの級があり、最低でも3級ないと中国に留学して本科生となることができない。ちなみに日本とは違って、中国は数字が大きいほど上の級となる。

周りからのプレッシャーもあり、今回4/23に行われる試験に初めて挑戦することにした。今まで何度か挑戦しようとは思ってみたものの、中国語初心者にとっての最初の難関は、HSKを受けることよりもその前の申し込みなのである。インターネットでお手軽に…なんてできないので、直接試験会場に行って申し込む必要がある。もちろん全て中国語で済ませなければならない。

ということで昨日の午前中、大連外国語学院の漢学院に行ってきた。詳細は省くが大まかな申し込み手順は以下のとおり。
<申し込みに必要なもの>
・パスポート
・パスポートのコピー1部
・4cm×3cmの写真2枚
・受験費用(初・中等であれば250元)
<申し込み手順(概要)>
1.まずは受付で申し込み場所を聞いてそこへ行く。
2.次に申し込み用紙を受け取りお金を支払う。
3.領収証をもらったら、今度は別の(本当の受付)へ向かう。
4.そこで書類を渡し、パスポートを見せたら申し込み完了。

書くと簡単だけど、実際は恐ろしく時間がかかった。だって、「そこをまっすぐ」とか「出て右」とか漠然とした指示しかしてくれない上に、当たり前だけど案内なんて無し。外国語学院の学生なら分かるのだろうけど、部外者、しかも初めての人間には中国語以前に場所を見つける方が困難だった。

申し込みが終わって、やっと完了かぁと思ってたら、後日(今回は4/5以降と言われた)今度は受験票を取りに来てくれと言われた。てっきり郵送してくれるのかと思ってた自分が甘かった。インターネットで申し込めて受験票は自宅に送付される。日本ってやっぱりすごいね。

↓申し込み用紙(高等も書式はまったく同じだけど印刷の色が赤色)
※画像クリックで微妙に拡大されます。
e0042911_23165816.jpg

[PR]
by gyawa | 2006-03-23 23:47 | 働く
何でも屋
定時内は通常業務、定時後に社内インフラ(端末とか配線とか)の整備を行う日が続いている。誰も居なくなった社内で机の下をごそごそしたり、サーバルームにひきこもったり。。

本来はgyawaの業務では無いのだけど、やっておかないと他拠点からのクレームがうるさい。拠点間は専用線で結ばれているので、ネットワークに負荷がかかり過ぎたり、ウイルス/スパイウェアの類に感染するとやっかいだからだ。

とはいうものの、静まり返っただだっ広いフロアの中でごそごそしているのは、かなりあやしい。先日、机の下でごそごそしてる時に見回りの警備員さんに見つかって、大声で怒鳴られて泣きそうになった。こっちは誰も居ないと思ってるのに、いきなり叫ばれたら怖すぎ;

とりあえず海外で一人で常駐したいのであれば、浅く広くの知識と経験、そして少しばかりの勇気が必要になると思う。
[PR]
by gyawa | 2006-03-07 22:40 | 働く
研修生の受け入れ
研修生の受け入れ初日、午前中は会社規定などのオリエンテーションを行った。午後からは各チームのリーダにお任せなので、今はやっと一息ついたところ。今年の研修生(来年度の新入社員)はそれほど多くなく総勢40名程度。ただ、この日のための準備は少々大変だった。

特に大変だったのは研修生が利用するパソコンの搬入、整備作業。某社から購入して全ての設定などを済ませてくれた…という話を聞いていたのに、現実は何もやってくれてないに等しい状態だった。おかげで何十台ものパソコンの設定作業を一人でやるはめに。かなり面倒な作業だったけど、相手の話をそのまま信じることなく自分の目で確認するのは、中国で仕事をする上ではとても大切なことだと思う。以前のgyawaであれば当日になって慌てていたに違いない。

それにしても、購入したての新品(まだネットワークなどに接続する前)パソコンに、ウイルスが混入していたのにはまいった。幸いにも1台だけだったのですぐに隔離してウイルスの駆除を行ったのだけど、これが日本だったら大騒ぎになっていたかもしれない。

どんなに有り得ない事があっても、最近は「中国だから仕方ないか…」と割り切れるようになった自分がいる。少しは成長(中国に慣れてきた)できた証なのだろうか?(苦笑
[PR]
by gyawa | 2006-03-01 14:30 | 働く
早く帰りたい警備員
残業していると警備員がやってきて「この建物は普通は21:00に閉めるんだ。今は21:45分、早く帰ってくれ!」と言ってきた。最近、業務で忙しく深夜まで誰かが居る状況なので、普段21:00に閉めているなんてことはありえない。

反論すると「じゃあいつまでに帰るんだ?」ということだったので、各チームに聞いて回った結果、「じゃあ23:30まで」ということになった。うなだれて戻る警備員。彼はきっと何かの用事があって、今すぐにでも帰りたかったに違いない。ごめんね。
[PR]
by gyawa | 2006-02-13 23:25 | 働く
大雪の日
朝起きたら大雪で一面の銀世界となっていた。雪が降ると(雪国で育ったくせに)なんとなくわくわくする感じが込みあげてくる。これで仕事じゃなければ最高なのに…と思いながらも、タクシーが捕まらないと困るので普段より30分ほど早く家を出る。

会社に着いた…うー寒すぎる。暖房の効きが悪いのか手足がかじかんで思うように仕事が進まない。仕方がないのでコートを装備して仕事に挑む。(さすがに手袋まではつけなかったけどつけたい気分だった)

今日は日本からの来社予定があったけど、雪のせいで飛行機が大連空港に降りられずキャンセル。春節明けでまだ調子が出ないので今日は早めに帰ろう。

#例の事件の後、大連のライブドアにまで取材が行われているようですね。先日たまたま通りかかった時にそれ系の人をみかけました。わざわざ大連までご苦労なことで。
[PR]
by gyawa | 2006-02-06 18:38 | 働く
春眠暁を覚えず?
先週があまりにも激動すぎたので今週は少しお疲れ気味。出張者の置き土産(こちらで購入したインスタントコーヒーの粉末)を楽しみながらまったりと仕事をしている。このコーヒー、無ければ無いで我慢できていたのに、あったらあったで飲むペースが早い早い。どうもコーヒー依存の症状が復活してしまったようだ。(今日はもう10杯は飲んでる)

大連の気温も先週ぐらいから零下になることが無くなったのだが、それだけで暖かく感じる。それになんだか朝も昼も眠い。こんなに眠たくなるのは、きっと体内カレンダーが春が来たと勘違いしているに違いない。そういえば日本(沖縄?)では季節外れのセミが鳴いているとか。う~んセミと一緒か。。
[PR]
by gyawa | 2006-01-16 17:38 | 働く