中国大連にて情報系技術の現地指導(オフショア開発)を行っている「ぎゃわ」の雑記帳。日本語で話しかけてくる現地技術者達に負けずに、中国語で会話するのが当面の目標。※10月から新たなスタートを切りました!
by gyawa
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:働く( 63 )
携帯電話
今日の朝、あやうくタクシーの中に携帯電話を忘れそうになった。普段から後ろポケットに入れているのだが、降りた後に確認してみると、、無い。
あわててタクシーを追いかけるも中々止まってくれない。出勤中の人たちが全力疾走中のgyawaを見て、何事かと注目している視線が痛い。
やっと気がついて止まってくれた時には、全身から汗が噴出していた(おかげで携帯は無事だった)。朝からへとへとになってしまったが、後から気づいて冷や汗をかくよりは…まあいいか。
[PR]
by gyawa | 2005-10-17 23:50 | 働く
不安な休日
昨日は体調の問題と諸事情により定時で帰宅させてもらった。一応、各リーダに指示をだしておいたのだが、不安に思いながら自宅でmailを確認する。
…が、深夜0時を周ってもまったく連絡が無い。来週、客先の業務開始となるので必ず今日中にやるようにと、あれだけお願いしていたのに…。体調が非常に悪かったこともあり、半ばあきらめ気味でそのまま寝てしまった。

そして今日、早朝にmailを確認してみると、なんと明け方近くまで作業していたようで4:00頃に「作業完了」の報告が入っていた。彼らはあの後からずっと作業していたのだ。やる時はやってほしいと何度も伝えていた言葉が伝わった瞬間である。自分が手伝ってあげられなかった申し訳ない気持ちと共に、非常にありがたい&嬉しく思った。週末はゆっくりお休みくださいと返信を入れておくことにした。(後は土日で日本側がなんとかするだろう…)
[PR]
by gyawa | 2005-10-15 23:53 | 働く
長期休暇明けの憂鬱
休み明けから仕事に忙殺される毎日。同僚が長期休暇明けは憂鬱と言っていたのだが、まさにその通り。せっかく呑み会に誘われたのに今日も深夜まで残業っぽい…。

#当面は無味乾燥な日記が続くと思われます;
[PR]
by gyawa | 2005-10-09 23:59 | 働く
仕事初め?
国慶節期間は会社により異なっているのだが、gyawaの会社では今日から仕事がはじまった。ただし、人数は6~7割程度。そもそも国慶節の期間中はほとんどの人が実家へ戻る。日本であれば簡単に飛行機で戻られるのだろうが、中国ではそうはいかない。大抵は列車を使うことになるため、片道1週間かけなければ実家に戻れない人もいる。改めて中国の広大さを感じる話であるが、そういう人は仕方なく帰るのを諦めて大連に留まっているようだ(可能であれば帰してあげたいところなのだが…)

それはそうと、たまに国慶節期間中も仕事しろと言う人(特にgyawaの会社内)が居るのだが、オフショア開発をやる上でそれは絶対にやってはいけないことだと思う。そもそも無理な話だし、予めリスクとして考えておく必要があると思う。
中国に限らず、その国の文化を無視してして仕事をするということは大きな代償を伴う。休み返上で仕事するのは日本人ぐらいだということを自覚しておきたい。
[PR]
by gyawa | 2005-10-08 23:59 | 働く
懇親会
明日から国慶節、昨日は社内の一部メンバで懇親会を開催した。場所は会社から比較的近い場所にある「蜀留香(shu3liu2xiang1)」という四川料理のお店。定時後、皆でタクシーに便乗して行く予定だったのだが、夕方からの突然の大雨でタクシーがまったくつかまらない(タクシー会社に電話しても無視されるばかり…)。仕方がないので電車の乗り場まで歩くことにした。
…それにしても、現地の人が線路を普通に歩く行為に改めて驚かされる。(電車がきてるのに関係なし)

そして久々の<中国式>懇親会はかなり呑まされるハメとなった。中国式の呑み方として、乾杯は何度でも、ターゲット(たいてい主催者)に集中的に呑ませる、などが挙げられる。お酒に弱い訳ではないのだが、さすがに一人一人と乾杯(その名の通り「杯を乾かす」必要あり)は、かなりこたえた。四川料理は辛くておいしかったが、次の日に二日酔いとなったのは言うまでもない。

#ちなみに相手と杯を交わす際に「乾杯」と言えば全部、「随意」と言えば自分の呑めるだけで良い。
e0042911_1283790.jpg

今日の学習:なし
今日の運動:なし
[PR]
by gyawa | 2005-09-30 23:59 | 働く
休日出勤?
今日は日本では祝日。しかし中国は平日。基本的に日本休み&中国休みの日にしか休むことができないgyawaであるが、10月の国慶節(10/1~10/7)はどうやらお休みできそうな感じである。
せっかくなので北京の知り合いにでも会いに行こうかと考えているのだが、今は急に仕事が入らないことを祈るばかりである。

#少し落ち着きました。

今日の学習:家庭教師1時間
今日の運動:なし
[PR]
by gyawa | 2005-09-23 23:14 | 働く
残業拒否
とうとう拒否されてしまった。ここは日本じゃないし、残業が中国の文化に反することは理解しているのだけど、自分の責任範囲の業務を放棄する行為には少々がっかりした。今日までに終わらせないといけないの分かってるはずなのだが…。(あそこのチームなら最後までやり切れるはず、と期待していただけにショックが大きい)

gyawaが自分でやるのであれば簡単である。しかし、それではいつまでたっても彼らは日本側におんぶ抱っこの状態を抜け出せない。心を鬼にして終わらせるように指示しても、彼らにはきっと意地悪にしか思えないのかもしれない。

ただgyawaの立場としては、やはり彼らに成長してもらう必要がある。作業を放棄しても結局は後で自分の首を絞めることになる(休日出勤等)ということ、そして誰のために作業しているのか(エンドユーザ=使う人のため)ということを根気よく訴えていくしかないだろう。この意識改革ができなくて中国から撤退した企業は少なくない。そうなる訳にはいかない。

今日の学習:なし
今日の運動:なし
[PR]
by gyawa | 2005-09-21 23:59 | 働く
中国人の以上と以下
昨日も0時を過ぎてからの帰宅。そして今日は朝から中国語教室。疲れているときの学習ほど辛いものはないが、その中で興味深い話を聞くことができた。

(おそらくgyawaと同業の方だと思うのだが)中文作文の発表時に、中国人の「以上、以下」という言葉の認識についての話をされた。簡単に説明すると、30分以内という言葉に対して、日本では30分を含むが中国では含まない。日本では「以上、以下」という場合に必ず対象の数までを含むが、中国では状況によっては含まない場合もあるということだ。本人はプログラム製造工程における日中での認識違いにより、その事実に気が付いたと話されていたが、実はこれgyawaが昨年に経験した状況とまったく同じである。

そのときは「1以上10以下が有効」という仕様書の記述に対して、なぜか「2~9」までしか有効としてくれないので、何度も「以上、以下って書いてあるでしょ!」と担当の中国人に説明をした。しかし相手も「以上、以下と書いてあるからその通りに作っているんですよ!」と反論してくる。状況が解決しないまま1日が過ぎたところでやっと、その認識違いに気が付いて解決した訳である。

このように、同じ書き方で意味が異なる漢字による影響は、日中のオフショア開発ではしばしば問題となることがある(前述の例の件は、以降は必ず数学記号「≧、≦」を使うように注意している)。細かいことではあるのだが、一種の設計ノウハウとして、同業の方には今後仕様書を記述する際の参考にしてもらえればと思う。

#その他にもカタカナをなるべく使用しない…等もありますね。

今日の学習:中国語教室2時間
今日の運動:↑その後、出勤して仕事…
[PR]
by gyawa | 2005-09-17 20:56 | 働く
ゆるさん
連日の激務で疲れている中、担当者Cさんから送られたメールの一文を見て、思わずドキッとさせられた。以下はそのメールの一部分である。
-------------
許さん、gyawaさん:
○○の△△がまた変更しない。
どうして対応しますか。
-------------
なんのことはない許(きょ)さんとgyawaに来た相談のメールなのだが、読み方を変えると、Cさんのgyawaに対する怒りの声が聞こえてくるようだ。

す、すぐに確認するからもうちょっと待って;

今日の学習:通勤中30分
今日の運動:帰宅できたら頑張ってみます。。無理でした;
[PR]
by gyawa | 2005-09-14 22:34 | 働く
日本語の教科書?
社内で日本語教育を行っていることもあり、社員で日本語を勉強している人は多い。そんな中、仕事中に資料を取りにプリンタまで行くと、近くに教科書のコピーが放置してあった。
興味があったので見てみると…
e0042911_21334044.jpg

…ツッコミどころが多すぎる。第1課ということはこれが最初のページなのだろうか?コピーされているところをみると、社内にコレが蔓延している可能性が高い。日本語を誤解される前に早く止めなくては。。

今日の学習:通勤中30分、家庭教師1時間
今日の運動:腕立20
[PR]
by gyawa | 2005-09-09 23:59 | 働く