中国大連にて情報系技術の現地指導(オフショア開発)を行っている「ぎゃわ」の雑記帳。日本語で話しかけてくる現地技術者達に負けずに、中国語で会話するのが当面の目標。※10月から新たなスタートを切りました!
by gyawa
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:考える( 6 )
耐震偽装とライブドア
ライブドア、ちょっと過熱報道気味に思える。なぜあんなに過熱しているのか。あまりの過熱報道ぶりに1/17の阪神大震災メモリアルなんてほとんど話題にあがらなかった。果たしてこれは偶然なんだろうか?

地震といえば建物。地震に強い建物、弱い建物。この話題がニュースの中心から外れて、高笑いしている人がいるように思えてならない。某大物政治家から検察に圧力がかかったとかいう話もあるようで、なんだかキナ臭い感じがしてくる。
[PR]
by gyawa | 2006-01-25 21:17 | 考える
ジェイコム株問題を考える
鮮度が古いのですが、今日また会社で話題になったので。
ジェイコム(株)株式の…システムの不具合について(東京証券取引所)

今回のシステム障害については同業として改めて考えさせられることが多かった。社内の中国人技術者でもこのニュースを知っている人は意外に多く、品質/試験の重要さを語るのに良い機会となった。東証と富士通、どちらが悪いにしてもシステムに欠陥があったことは事実である。特に富士通は前回の月次処理の不具合に引き続いての事件なので、業界イメージの低下は必死ではないだろうか。もちろん実際に作ったのはもっと下流の人達なのだろうけど、今回の業務パターンがシステム試験の想定から外れていたのには弁解の余地は無いと思う。もしそのパターンを網羅できていれば防げた話なのであるから。

しかし、そうは言っても現実的にはシステム試験の際に今回のような超低頻度のパターンまで網羅できることはほとんどない。基本的には頻度の高い部分を中心に試験を行うことが多いためである。そしてどんなに試験を行ったとしても完全に障害を除くことはできない。今回の事件に関しては、障害がおこったことが問題でなく、その対応が後手にまわったことが問題だろうと思う。

中国では日本ほど品質意識が高くない。意識過剰といわれる日本ですら事故が起こるのだから、今後中国でもシステム化が進むにあたって同じ問題が多発するのではないかと心配になる。(中国が有人宇宙飛行に成功できたのはあまりシステムに頼りすぎなかったためらしい)
中国の人達がどれだけ品質を意識できるかが、今後の中国IT市場の先行きを決めるのかもしれない。

それにしても今回の件で5億とか20億とか儲けた人もいるとか。うまいことやる人はいるもので、例えgyawaが真似しようにもまず何十億もの元手が無い…。世の中やっぱり金持ちがより金持ちになる仕組みになっているようで。
[PR]
by gyawa | 2005-12-19 19:00 | 考える
中国の思想教育
昨日の忘年会で4才の子供が現地の幼稚園に通っている方から聞いた話。
(ちなみに1才から大連に住んでいて今年で3年目だそうだ)

国慶節に家族で出かけた時、街に掲げてある中国国旗を見て子供が一言。
「父ちゃん、あの旗が僕達を守ってくれているんだよ。」
いきなり真顔で言われたので、我が子でありながら思わずひいてしまったそうだ。
もちろん「お前は日本国民じゃー!」と激しく突っ込みいれたらしいが。
他にも
・運動会の国旗掲揚で自主的に敬礼する。(見ててやばいらしい)
・中国国家のラッパの音に異常に反応が早い。(特にTV)
・普段は日本語で話すのに咄嗟の時には中国語が出る。
 詳しく聞いていないが、哎呀(あいやー)などの類だろうか。

小さい頃から外国に住むと、一見簡単にバイリンガルになりそうな感じがする。しかし実際には日本語が発達せず、結局どちらも中途半端になってしまうという話を良く聞く。やはり基礎となる母国語だけでもしっかりとした教育する必要があるそうだ。
それにしても、言葉だけでなく思想の問題まであったとは…当たり前だが気づかなかった。

Nさん「こうなったら部屋に君が代流して、日本国旗掲揚しておくかな。」
gyawa「冗談っぽいですけど、もしかしたら本当に必要かもしれませんね。」
Nさん「でも、ほらあの拉致された蓮池さんだって日本社会に復帰できたから、うちの子供も大丈夫だよ、きっと。」
gyawa「でも、あの人が拉致された時って20歳ですよね。それまではしっかりと日本語教育受けてますし、Nさんの子供さんみたいに物心つく前から外国に居たわけではないですから…。」
Nさん「う~んやっぱりそうだよな。こうなったら共産党員目指してもらって親を楽させて欲しいな。」
gyawa「ははは、それもアリかもしれないですね。」

話はこうやって終わったのだが、良く考えたら日本人が共産党員になるのってどうなんだろう。ほとんど不可能に近いと思うのだが…(大地の子の陸一心みたいなのは稀かと)
[PR]
by gyawa | 2005-12-10 23:51 | 考える
久しぶりの雨
といっても景気よくザーっと降る雨ではない。ポツポツと中途半端に降ったり止んだり。とてもではないが水不足を補うまでには至らない。そういえば先日、水不足について社内の何人かと話をした。

gyawa「日本では水不足にならないよう、日頃から節水に努めているんだよ。」
Bさん「えっ?でも日本の周りは海ですよね?」
gyawa「(汗)いや…だって海の水ってそのまま飲めないし。」
gyawa「でも海水を真水に変える施設が造られたりはしてるよ。」
Rさん「その施設はいくらですか?」
gyawa「へ?」
Rさん「施設を造るのはたくさんのお金がかかります。別に今は困っていないし、今までどおりでいいですよ。」
gyawa「Σ・・・」

これでいいのか悪いのか。日本人であれ中国人であれ、人というのは自分自身が困った経験をもたなければ、なにごとも他人事なのかもしれない。
[PR]
by gyawa | 2005-11-20 23:04 | 考える
のまネコ問題を考える
(今回は中国とはまったく関係がないことをお許し頂きたい)

「のまタコ」キャラ展開? ひろゆき氏、エイベックスに公開質問状
伝統的な馬の鞍につける水袋の紋章については以下を参照していただきたい。
参考:能登屋岳次郎商店(紋章学入門)

まずはA社の弁明コメントより(現在は変更されているようだ)
「のまネコ」は、インターネット掲示板において親しまれてきた「モナー」等のアスキーアートにインスパイヤされて映像化され、…
ここで著作権とは何か?
1.著作権は、著作者人格権も含めて、著作した時点で発生する。
2.全く独立して作成した著作物が、偶然そっくりだった場合には著作権の権利が及ばない。
3.他人の著作物を真似て複製した場合、著作権法第21条(複製権)の侵害となり、作成・販売の禁止を請求できる。
A社のコメントから察するに、A社はオリジナルの存在を知っていたにも関わらず複製したことになる。この事実と先ほどの1~3を踏まえると答えは明らかだろう。

次にA社の「コンプライアンス・ポリシー」を見てみることにする。
インチキするな。
弱いものイジメするな。

真似ても盗むな。←!
そもそも真似ること自体が著作権侵害に当たるとは微塵も考えていないことが、この一文から伺える。(社長自ら公言していることが痛々しい)

そして最後にもう一度、A社の弁明コメントを見ていただきたい。「誤解、混乱を招いた」、「権利を主張するわけではない」などと公言しているが、そもそもA社に対して指摘されている部分は、そのようなことではない。
公共のキャラクターを使って金儲けしている」ことが問題視されているのに、それを丸無視したコメントには憤りを感じる(売れ行きTOP10をのまネコグッズが占めている事実がさらに追い討ちをかける)。少なくとも販売を続けているうちは、A社に反省する気は無いとみて間違いないだろう。

もしも、今回の件がまかり通ってしまえば、「インスパイヤ」という旗の下にA社の行為はエスカレートしていくだろう。そうならない為にも、某巨大掲示板の管理人をはじめ、有志には是非頑張っていただきたいと思っている。中国からでは何もお手伝いできないが、応援の意味と、そして一人でもこの事実が広まればと思い、今日のBlogに(趣旨違い覚悟で)書かせてもらった。今はA社の反応がとても楽しみである。

今日の学習:なし
今日の運動:腕立20
[PR]
by gyawa | 2005-09-26 20:20 | 考える
衆議院選挙
自民党圧勝。これで郵政民営化の実現が加速しそうである。gyawa個人としては郵政民営化に賛成すべきなのか反対すべきなのか分からない。賛成派、反対派の意見も聞いたし、書物も読み漁った(でも参加できなかった…)。330兆円といわれる預金が市場に流れることに関して、ある人は市場が活性してプラスになるというが、別の人は某国の言いなりだ!マイナスに決まってるという。

専門家ではないので安易にコメントはできないが、選挙結果によって円相場が円高に振れたことは事実。賛否両論あるだろうが、少なくとも円で給料を貰っているgyawaにはメリットがあった。(対元レートが人民元切り上げ前の水準に…)

まあ、所詮一サラリーマンの興味なんてこんなものだということで…。

今日の学習:通勤中30分
今日の運動:午前をまわってからの帰宅だったため即寝してしまいました。。
[PR]
by gyawa | 2005-09-12 19:11 | 考える