中国大連にて情報系技術の現地指導(オフショア開発)を行っている「ぎゃわ」の雑記帳。日本語で話しかけてくる現地技術者達に負けずに、中国語で会話するのが当面の目標。※10月から新たなスタートを切りました!
by gyawa
<   2005年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
auが中国で国際ローミング開始
au、中国での国際データローミングを開始

ついにこの日がやってきた。今まで散々な目にあってきたが、これでvodafone以外の選択肢が増えると思うと非常に嬉しい。gyawa的には唯一だったメリットがこれで無くなった訳だ。

ただ、auも最初のうちは安定しないだろうし、当面はvodafoneを使い続けるつもり。auはいちいち海外で使う際に設定が必要だが、vodafoneではまったくその必要がないなど、まだまだvodafoneが優位の部分も多いからだ。(中国限定ではあるが)

しかし、以前にも書いたが、携帯電話の品質、SHOP店員の態度などを考えるとauに軍配が上がる。vodafoneが挽回するのか、はたまた他社に屈するのか、今後の動向に注目してみたい。

#とりあえずナンバーポータビリティが始まるまで待ってみるつもりですが、あれって良く考えたら、番号が同じでもメールアドレスが変わっちゃうので、実はあんまり意味無いかもと思ったり…。

今日の運動:腕立20、腹筋20、背筋20、ローラー20
[PR]
by gyawa | 2005-08-31 18:36 | 暮らす
採用面接
例年この時期から中国での採用活動が本格化する。通常の採用面接に始まり中国各地を訪問する企業説明会ツアーまで様々だ。この企業説明会ツアー、各地の説明会場を企業担当者が一緒になってまわるのだが、毎年必ずフライングする企業がいるのがおもしろい(ツアーバスが到着するより先に自分たちで会場入りして、優秀な人材を確保してしまうのだ!)。まさに弱肉強食、やったもの勝ちの世界である。

そんな中国での採用活動であるが、当社にも連日、朝から晩まで応募者が面接に来ている。基本的に採用活動は中国人マネージャと管理部の人間に任せているのだが、リーダやマネージャクラスの人間との面接の時だけgyawaも同席させてもらっている。言葉は分からなくても、自分との関わりが大きい人間の採用には口を出しておきたいからだ。今回は中国での採用面接について少し紹介してみたい。

まず、基本的にこちらでは男性でもスーツを着用する習慣はない(スーツが高価であるのも理由の一つ)。そのため、応募者は私服で面接に来るのだが、たまに限度を超えて汚い格好で来社する応募者がいる。そんな方はどんなに優秀でも、面接前から採用する気になれない。見た目の問題で人を決め付けるのはいけないことであるが、こちらも人間なので許容できる限度がある。まあ、日本では絶対にないことだとは思うが…。

gyawaが面接の最初で尋ねるのが応募理由だが、一番多い回答が「お金と待遇」である。日本人だったら心でそう思っていても、とりあえず向上心や技術の探求、御社への貢献などと、それっぽいことを言うものであるが、中国人はストレートだ。契約社会の中国では契約期限が切れるに伴って、より給料の高い企業に移ろうと考えている人間がほとんどである。金の亡者みたいで嫌悪されるかもしれないが、これにはちゃんと理由があるのだ。

契約=終身雇用でない中国では、稼げるうちに稼いでおかないと将来働けなくなった(契約してもらえなくなった)時に苦労することになる。彼らの考え方の根底には、それに対する不安があるようだ。一般の人達にとって、日本のように正社員で安定した生活というのは夢なのだ。そのため、手段を問わずにできるだけ自分を高く売ることにみな熱心である。

ただ、採用側からすると自分を誇張する人間が多くて困ることが多い。
・技術力に優れると言っておきながら、突っ込むと簡単な事に答えられない。
・日本語の日常会話ができると書いておきながら、実際には全然話せない。
・日中間を取りまとめた経験があると豪語しておきながら、ただの通訳だった。
などなど、挙げればきりがない。

経験上、これに対抗するためにはその場でシミュレーションを行うことだ。ある業務上のワンシーンを想定し、応募者に対してあなたならどうするかを尋ねるのである。これは結構効果的である。予め回答を用意できないこともあって、その人自身の偽らない言葉が聞けるからだ。まあ、難点があるとすれば通訳を介さないとgyawa自身が理解できないところだろうか…。

#中国の履歴書には名前や住所のほかに、必ず部族欄があります。漢族でないと採用しない企業なんてあるんでしょうかね?どなたか詳細求む!

今日の運動:ローラー20(ちょっとサボり気味)
[PR]
by gyawa | 2005-08-30 23:37 | 働く
最新パスワード事情
最近のスパイウェア被害の多さが気になって、あらゆるサイトの登録パスワードを変更してみた。もちろん日本でも意識すべき問題なのだが、ここは中国ということで特に気になっていたのだ。(それならば早くやっておけ!と言われそうだが、登録数が多すぎて変更する気力が…)

昔から言われてきた教科書的なパスワードの設定方法は、
・自分や身内に関係する単語や数字、意味のある単語を使用しない。
・英数記号を含めてなるべく長くする。
・使いまわしはせず、メモを取らない。
などであるが、インターネットがこれだけ普及した現在では個人の登録サイトも非常に多い。果たしてこれを全て守れている方はどれだけいるだろうか?全てのパスワードを暗記しておくことは難しいため、簡単な単語にしたり、使いまわしをしたり、という方が多いのではないかと思う。(gyawaも例に漏れず…;)

そもそもこの内のメモを取らないという行為は昔から絶対厳守のように教育されてきた。gyawa自身もそうだったし、今でもそう教育している企業は多いだろう。だが、果たして本当に管理できているのか疑問が残る。少なくとも人間が暗記できる範囲でのパスワードにしかなっていないはずだから、非常に脆弱なものになっている可能性が大きい。

最近のインターネットの普及に伴い、実世界で盗難にあう確立よりも、仮想世界でパスワードを破られる確立の方が非常に高くなってきた。従来の考え方のままでは簡単にパスワードを破られてしまう危険がある。

これに対して、最新のパスワード管理手段としてメモを取るという方法が採られる。パスワードを暗記できないぐらい複雑にし、それをメモしておくのだ(登録サイトとユーザID、パスワードの3種類をそれぞれ別の紙に記しておけばなお良い)。そしてそのメモ自体を厳重に管理するのである。こうなると心配になるのが現実世界での盗難であるが、仮に盗難にあったとしても、現在はどこのサイトでも大抵はすぐにパスワードを変更できる。すぐに変更してしまえば被害のほとんどは防げる可能性が高い。

時代の流れと共にリスクとなる部分は変化する。人から言われたからという理由だけでなく、個人がリスクを見極めることが非常に大切だと思う。少なくともパスワードをメモしない時代は終わったと個人的には認識している。

#セキュリティと利便は相反すると頭では分かっていても、やっぱり毎回メモ帳見ながらのログインは不便極まりないですね。でも、偉そうなこと書いてしまったので当面は頑張ってみます。(カード情報とか含んでないサイトは元に戻そうかなぁ…)

今日の運動:腕立20、腹筋20、背筋20、ローラー20
[PR]
by gyawa | 2005-08-29 18:46 | 働く
社交辞令
友人が引越した時などに「今度遊びに行くね~!」と言った経験がある方は多いだろう。そして実際には一度も訪問しなかった、という経験もまた多いのではないだろうか?このように日本では、半ば社交辞令で言葉を交わすことが少し多いように感じる。しかし、中国では社交辞令をほとんど使わない。

今日、自宅に複数の来客があったのだが、彼らが訪問に際して言った言葉は「今度遊びに行きます」ではなかった。彼らが言った言葉は「今度の日曜日にお宅を訪問します」だったのである。日本人のように社交辞令でうやむやにするのでなく、その場で実際に決定しようとするのだ。これは相手の自宅を訪問し、親睦を深め、そして自分の人脈を広げることに熱心な中国人ならではの感覚だと思った。(良くも悪くも)人脈が広がれば、その分自分の可能性が広がると考えているのだ。

最近、日本では人と人との関係が希薄になりつつあると思う。そして、その弊害は少しずつ社会に表れ始めている。正直、gyawa自身もあまり自分から人脈を広げようとするタイプではない。人と付き合うというのはそれなりに体力を使うからだ。(仕事で消耗してしまうので、たまにはゆっくりしたい…)

ただ、自分の可能性を広げることに貪欲な彼らの姿勢には見習うべき点も多い。たまには重い腰を上げて、彼らの真似をしてみるのも悪くないかなと感じた1日だった。

今日の運動:腕立20、腹筋20、背筋20、ローラー20
[PR]
by gyawa | 2005-08-28 23:47 | 暮らす
PlayStation2改
中国では様々な物の海賊版が出回っている。DVDやゲームソフトを始め、ほとんど本物と変わらないものが格安で販売されているのだ。どう考えても違法だと思うのだが、こちらではどこに行っても良く見かける。(たまに北京などから視察が来ると全ての商品が事前に隠される)

DVDには正規版を無理やり一つのパッケージにまとめたものが多い。最近の個人的ヒットは宮崎アニメの全作品を詰め込んだ「スタブリコレクション」(中国ではカタカナの「ジ」と「ヅ」、「ソ」と「ン」は非常に良く間違われている)で、結構パッケージなんかも綺麗に仕上げられていた。値段を聞いたらちょっと高め(それでも日本人には格安)だったが、値切ればさらに格安で購入できると思う。ただ、こういう海賊版DVDは容量いっぱいまで無理やり詰め込む傾向があるため、途中が編集されているものも少なくないので注意が必要である。

そんな感じでこちらではもう慣れっこな海賊版であるが、最近、知って驚いたのがPS2の改造ソフト。なんと1本5元(100円しない…)の上、日本で発売された直後にもう店頭に並んでいる。ただし、これを利用するためには海賊版のチップを読み込めるようにするため、300元でPS2本体を改造する必要があるとのこと。詳細は書けないが実際にPS2改の所有者に聞いてみたところ、正規版、海賊版ともまったく問題なく遊べるようだ。海賊版が横行することによる企業の損失の大きさは理解はしていたものの、ここまでとは正直思っていなかった。ただ、PS2改造に失敗して壊れたとしても、おそらく店側が責任を取るとは思えない点が気にかかる…。

今日の運動:腕立20、腹筋20、背筋20、ローラー20
[PR]
by gyawa | 2005-08-27 23:33 | 遊ぶ
福岡県人会
大連には「福岡県人会」という団体が存在する。gyawaは made in hakataっ子であるが、まさか大連にそのような会があるとは思ってもみなかった。この「福岡県人会」は大連でも最大の県人団体であり、半年に1回会合を開いているそうだ。早速、連絡を取り参加させてもらうことにした。

18:30、人民路沿いの北方大酒店2Fの和食料理屋「大江戸」に約40名ほどの人間が集まった。北京や上海ほどではないこの大連で、これだけの同郷の人間が集まることに少し感動を覚えた。そして驚いたことに、この県人会の会長さんはプロジェクトXに出演したこともあるあの方だった。さすがに話すことや考え方が柔軟である。gyawaとは分野が異なるが、良い影響を受けることが出来た。

また、この会にはgyawaと同じ学校出身の方が3名も居て、うち1名はなんと顔見知りであった。非常に懐かしいと思う反面、世の中は狭いんだなぁと感じた。その他にも何度か当社へ営業にこられた方、別の場所で見かけた方など、予想以上に知っている方が居た。狭い日本人社会、まだまだ経験が浅いgyawaにとって、この会では様々な方と話をさせていただき、非常に良い経験となった。また次の機会も是非参加したい。
[PR]
by gyawa | 2005-08-26 23:11 | 暮らす
理解されないウイルス対策
最近、自宅でネットしていると、やけにNorton先生(Norton Internet Security)の警告があがる。日本に居る時は全然そんなことなかったのに、さすが中国というべきかウイルスの蔓延が激しいようだ。中国では日本に比べると個人のウイルスやスパイウェアに対する意識がとても低い。最低限、OSを最新に保ったり、ウイルス対策ソフトを入れたりするべきなのであるが、残念ながらIT業界に所属しているはずの人間ですらまともにできていない。

「なんで最新にしておく必要があるの?」
「ウイルス対策ソフトはPCの動作が重くなるから邪魔だよ!」

といった感じで自分が納得できないことについてはあまり協力的ではない。これは中国の国民性というのもあるかもしれないが、自分で苦い経験をしたことがないからというのもあると思う。

ただ、そうはいっても日本人も一昔前は同じだったはずである。2001年の「nimda」に始まる大規模なウイルス(ワーム)騒動のおかげ(?)で日本人の意識も随分高まったのではないだろうか?gyawa自身も某企業で作業していた際、nimda騒ぎで丸1日作業ができなかったことがある。あの時は納期直前だったため、非常に苦い経験をしたものだ。

苦い経験が無ければ対策する意識は生まれない。しかし、意識するためには経験をしなければならない。中国の一般家庭にPCが普及し、nimdaぐらいの被害が発生して初めて、対策の意識というものは芽生えるのだろうか?

そうなる前になんとか意識させたいのだが…
[PR]
by gyawa | 2005-08-25 20:58 | 働く
大連でvodafone携帯を使うコツ
中国での携帯電話に加え、実は日本からvodafoneの携帯を持参している。もちろん常時使うわけでなくメールと緊急の通話専用だ。番号そのままで日本から通じることと、メールが普通にやり取りできるのはありがたい。これで携帯の品質が良くなればいいのだが、正直vodafoneの携帯は壊れすぎである。日本に住んでいればまず使うことはないだろうが…そんな折に1通のメールが入った。内容は以下の通り。

<ボーダフォンからのお知らせ>
海外で携帯電話がうまく動作しない場合は、ネットワークを手動で選択することをお試しください。

…おいおい、そういう大事なことは早く言え!それにその内容じゃ情報足りないでしょ!!

というわけで情報を開示しない(知らない?)vodafoneの代わりにgyawaが補足しておこう。中国においてvodafoneのローミングサービスを利用するには「CHINA MOBILE」と「CHINA UNICOM」のどちらかのネットワークを選択する必要がある。出荷時の状態でこのネットワーク選択は「自動」に設定されており、ここ大連ではほとんどの場合「CHINA UNICOM」が選択される。(UNICOMの方がサービス範囲が広いのかもしれない)

しかし「UNICOM」でなく「MOBILE」のネットワークを使わないと実際にはメールを利用することができない。今までは知識がなかったため、メールが送れたり送れなかったりするのは電波のせいだと思っていた。だが、ある時にメールが送れるのは「MOBILE」に繋がっている場合だけだと気付き、ネットワーク固定にしてみたら…なんと快適にメールが送れるではないか!しかも後から料金を確認してみると「MOBILE」の方が断然安い!

海外携帯を販売しているのであれば、もう少しこのような情報をユーザに公開するべきではないのか?vodafoneよ。
[PR]
by gyawa | 2005-08-24 23:57 | 暮らす
辣油と雲呑
ここ数日、お昼にワンタン(雲呑)を食べることが多い。といっても自分で進んで食べている訳ではない。社内で注文する人たちが、ついでに言葉が不自由なgyawaの分も注文してくれるのである。そのため、お昼ご飯に何を食べるかは実質彼ら任せである。正直、当たり外れの差は大きいけど、頼んでもらってるのに文句は言えない。それに最近のワンタンブームはむしろ歓迎である。

このワンタン、日本で言うところの水餃子にあたるものだろうか?具材は豚肉+野菜(椎茸、白菜、セロリ)の組み合わせが主流のようで、10個入りで5元とお手ごろ。例のごとくスープがビニール袋に入ってくるので、容器にザーっと流し込んで具のワンタンを入れる。さらに酢醤油、辣油(日本のラー油とは違って唐辛子に熱い油をかけたものである。まさに唐辛子の塊のような調味料)を好みで追加する。
e0042911_22231181.jpg

辣油は入れすぎると悲惨な目にあうが、慣れてくるとクセになる。好きだからどんどん入れていると、周りがビックリして止めようとしてくれる。「大丈夫だよ」と伝えても「自分には無理だから」となおも止めようとする。中国人でも辛いものが苦手な人って意外に多いのかなぁ?

#日本から戻ってきたメンバにチョコレートを貰いました。懐かしの純和製チョコレート。なんとなく中国のものより味が濃い気がします。
[PR]
by gyawa | 2005-08-23 22:37 | 食べる
万里のファイアーウォール
昨晩、急に自分のブログにアクセスができなくなった。深夜だったこともあり、メンテナンス中かと思いながらも別ブログへアクセスしてみる。
…繋がる。
嫌な予感がしたので念のため他人のブログもチェックする。
…やっぱり繋がる。
gyawaのブログのみが繋がらなくなっており「サーバが見つかりません」と表示されるのである。まずい…心当たりがあった。

中国には俗に「万里のファイアーウォール(Great Firewall of China)」と呼ばれる、人海戦術を駆使した検閲システムが存在する。この検閲システムには中国政府に影響のあるサイトをことごとく規制する能力が備わっている。人為的、機械的にありとあらゆる手段を駆使して規制されると考えられており、その精度はフィルタリングソフトの比ではない。googleのキャッシュ機能は検索したキーワードをハイライトしてくれるので調べ物に便利なのだが、中国ではgoogleのキャッシュすらすべて削除されるため使いづらくてしょうがない。

実は先日、反日デモの記事を書いた後に少し危ないように思って気になっていた。会社で北京の風景をWebカメラでライブ中継していた際、いきなり配信サイトが切断されたと聞いたことがあったからだ。それで繋がらなくなった時点でまずい!と思った訳だ。幸いにも一日経った今は表示できるようになっている。どうやら永久規制対象(gyawaが勝手に呼んでいるだけ)にはなっていないようだ。ただ、今後どうなるかは不明である。

もしこの話が信じられなければ中国に行った際に確認してほしい。靖■神社(NGワードの可能性高いので伏字で…)のページを表示してみよう。もれなく「サーバが見つかりません」になるので・・・当たり前であるがその神社のページは永久規制対象である。

「他国のネット検閲に対抗する」法案、米国議会に提出
キーワードによって検閲されている中国のブログ事情
巧妙な中国政府のネット検閲、米の調査で明らかに
「MSのブログ検閲は中国政府より過激」著名ブロガーが批判
[PR]
by gyawa | 2005-08-22 23:30 | 働く